2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« フローズン・リバー | トップページ | ユナイテッド・ステイツ・オブ・タラ »

2011年8月21日 (日)

エマ - 恋するキューピッド

何回か放映されていることは知っていながら、特に見る気がしていなかったのですが、番宣でミスター・ナイトリー役らしきジョニー・リー・ミラーを見かけ、やっぱり見ることにしました。

ストーリーを知らない人のために、一応説明すると、主人公のエマは、自分の恋よりも、他の人をくっつけることに一生懸命な女の子で、ご近所のお兄さん的存在ミスター・ナイトリーに戒められながらも、おせっかいをやくことをやめません。彼女が、そのキューピッド役に成功したり失敗したりしながら成長し、ひいては自分の恋をも見つけるという話です。

私は、前にも何回か話題にしたように(「ジェイン・オースティン 秘められた恋」参照)、原作のジェイン・オースティンが大好きです。この「エマ」も、グウィネス・パルトロウの映画版を数回、ケイト・ベッキンセールのテレビ版も2度ほど見ているので、敢えて新しく見ることもないと思って見ずにいたのですが、冒頭に書いたように、ミスター・ナイトリーに惹かれましたbleah

まだ全4回のうちの2話を見ただけですが、ストーリーを熟知しているのでコメントを書かせてもらうと、前に見た2作は1時間半強ぐらいにまとめていたので、今回の4時間近い方が当然詳細に亘っていて楽しめました。
特に、始めのシーンで、エマと、フランク、ジェーンの3人の子供時代の話を持ってきたこと。普通は、原作通りエマの家庭教師の結婚の話から始まり、後で出てくるフランクとジェーンのことは、その話題が出たときに経緯が語られるので、このオープニングは新鮮でした。

それに、エマとフランクがジェーンをからかうディクソンという人との関係も、普通はからかうときにさらっと言葉で説明されるだけなので、イマイチ関連性が理解できなかったりするのですが、ここでは映像も差し込んでわかりやすくなっていました。
熟知したストーリーながら前半だけでこんなに楽しめるのですから、後半を見るのが今から待ちきれません。

それに、「…秘められた恋」や「英国王のスピーチ」でも書いたように、原作に思い入れがあると、そのイメージを損わないキャスティングが重要になるのですが、K・ベッキンセール版のナイトリー役マーク・ストロングはちょっと居丈高な雰囲気で、ミスター・ダーシーならともかく、エマを優しく見守るナイトリーには不向きな気がしていました。そういう意味では、「弁護士イーライ」のジョニー・リー・ミラーは、ナイトリー役として合格です。

« フローズン・リバー | トップページ | ユナイテッド・ステイツ・オブ・タラ »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/52532975

この記事へのトラックバック一覧です: エマ - 恋するキューピッド:

» エマ~恋するキューピッド~ Emma(ドラマ) [映画って面白いですね。]
「エマ~恋するキューピッド~」(Emma)は2009年のイギリスドラマ。BBC製作。ジェイン・オースティン原作。 BBCが制作したジェーン・オースティンのドラマの中でも、れんが造りのちょっと可愛いお屋敷『ハートフォード』が一番住み心地が良さそうで、見ていてちょっとう…... [続きを読む]

« フローズン・リバー | トップページ | ユナイテッド・ステイツ・オブ・タラ »