« クリミナル・マインド | トップページ | クレイジー・ハート »

2011年7月20日 (水)

名探偵モンク

シーズン6が終了しました。でも、私はファイナルのシーズン7を先んじて見てしまったので、これで全シーズン終了です。

実は、昔NHKでこのドラマが始まった時、2話ぐらい見て挫折してしまっていました。モンクの潔癖症があまりに鼻について、楽しめなかったのでした。
でも、その後いろんな犯罪捜査ドラマを見るうちに、なぜかまた見てみようかという気になり、トニー・シャルーブが何度もエミー賞の男優賞を取ったこともあって、AXNミステリーの集中放送をきっかけに、シーズン1から見始めたというわけです。
今では、彼の潔癖やその他の強迫性障害も気にならず、かえって楽しめるようになり、コロンボのような正統派推理も気に入っています。

このドラマの好評価を証明するかのように、ゲストが豪華なところも魅力の一つ。その中でも私の印象に残っているのは、シーズン3で宇宙飛行士役(!)のジェフリー・ドノヴァン(「バーン・ノーティス」)と、シーズン4でモンクの映画化のモンク役だったスタンリー・トゥッチ。
シーズン6でも、弟役のスティーブ・ザーンや大女優ジーナ・ローランズ、「ザ・ホワイトハウス」のリチャード・シフとブラッドリー・ウィットフォードらが出ていました。

シーズン7では、シャローナが久しぶりに復活、ナタリーと対決(?)します。また、ストットルマイヤー警部に新たな恋の話があり、ナタリーも、シーズン6で再会した、亡くなった旦那の友人スティーヴと順調に付き合っている風。そしてラスト・エピソードはモンクの妻トゥルーディの死の謎解きです。最後の最後まで飽きさせません。

« クリミナル・マインド | トップページ | クレイジー・ハート »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/52254443

この記事へのトラックバック一覧です: 名探偵モンク:

« クリミナル・マインド | トップページ | クレイジー・ハート »