« 127時間 | トップページ | 名探偵モンク »

2011年7月19日 (火)

クリミナル・マインド

シーズン3の途中までDVDで見てしまっているのですが、CS放送がようやく追いついてきたので、ここでコメントしたいと思います。

プロファイリングを基に、主に連続殺人事件などを捜査する、FBIの行動分析課を描いたドラマです。

このドラマの存在を知った時に、一話完結犯罪捜査ドラマ好きの私は、絶対外さないだろうと思ってレンタルしたのですが、実はシーズン1の当初はあまりハマれませんでした。続きを早く見たいって気持ちになれなくて、1シーズンの半分まで一気にレンタルしたのに、消化するのに結構必死でした。

期待が大きすぎたのかもしれませんし、プロファイリングに特化したストーリーがイマイチだったのかもしれません。事件があまりにグロテスクだったからってことはないと思うけれど、シリアルキラーがよく出てくるし、確かに凄惨な犯罪は多いです。ただ、普通のドラマでは一つの都市だけで捜査することがほとんどですが、このチームはアメリカ全土のあちこちに要請を受けて行くので、それは変化があって面白いとは思いました。

とにかく、ここまで見たからと、シーズン1の終わりまでレンタルして見続けたら、ようやくついていけるようになり、次も見ようという気になりました。そしてシーズン2も追ってレンタル。シーズン3も途中までレンタルしたところでストップ。放映を待つことにしました。

このほど始まったシーズン3では、番宣で予告されている通り、ジョー・マンテーニャ演じるロッシが新規加入します。ギデオンがシーズン2の終わりで起こるサラの死を乗り越えられずに辞めるからですが、ロッシがすぐに交代で入るわけでなく、参加するのはちょっと先です。ホッチナーも第1話で停職を言い渡されていましたが、ほどなく復帰するのでご安心を。

私は天才リード博士がお気に入りのキャラ。超速読ができるし、記憶力はすごいし、だからだけど知識も豊富。でも、先日フランスで見たシーズン6でも語られていましたが、家族に精神障害があって、彼も気にしているようです。天才ってそういう境遇だったりしますからね。「ビューティフル・マインド」のナッシュみたいに。

« 127時間 | トップページ | 名探偵モンク »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/52254287

この記事へのトラックバック一覧です: クリミナル・マインド:

« 127時間 | トップページ | 名探偵モンク »