2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« 南極物語 | トップページ | スラムドッグ・ミリオネア »

2011年7月16日 (土)

ブラック・ダリア

ジェームズ・エルロイの原作は読んだことがないのですが、映画「L.A.コンフィデンシャル」を見た時にいたく気に入り、こちらの映画化も期待を持って見ました。実際の事件を基に書かれているということだったし。この機会に、原作の方も読んでみたいです。

元ボクサーのバッキー(ジョシュ・ハートネット)とリー(アーロン・エッカート)は特捜部で相棒となり、女性の切断死体の捜査をすることになります。リーはこの捜査にのめりこむようになり、バッキーもまた捜査中に知り合った女性(ヒラリー・スワンク)と関係を持ちます。一方でバッキーはリーの恋人ケイ(スカーレット・ヨハンソン)にも思いを寄せています。

最初は何てことなかったのですが、徐々に事件の謎が解けていく面白さがあり、誰もが秘密を持ち怪しそうで、しかもバッキー1人でそれに対処していくところが心配でもあり、後半は目が離せませんでした。

ジョシュ・ハートネットは、低い声が何だか似合わず、変な感じでした。前からこんな声でしたっけ? 彼は「パラサイト」から見ていますが、「パール・ハーバー」とか「ブラックホーク・ダウン」とか大作のイメージがあり、そのせいでどうも好きになれません(偏見だとはわかっているのですが)。
だけど、「シャンプー台の向こうに」とか「ホワイト・ライズ」では、繊細なイメージで好感は持てました。もっとこういう小品に出続けてほしいです。

対照的に、アーロン・エッカートは大好きな俳優で、最初に意識したのはもちろん「エリン・ブロコビッチ」のジュリア・ロバーツの優しい恋人役です。グウィネス・パルトロウと共演の「抱擁」もよかったし、近年ではキャサゼタと共演の「幸せのレシピ」もよかったです。今後も注目しています。

スカヨハは本当に年齢不詳の魔性の女って感じ。女優としては優れているってことなのだと思いますが、この時まだ22歳! 大人の色気一杯で、ジョシュが惹かれたのも無理はないと納得しました。結局別れちゃったけどね。

« 南極物語 | トップページ | スラムドッグ・ミリオネア »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/52230154

この記事へのトラックバック一覧です: ブラック・ダリア:

« 南極物語 | トップページ | スラムドッグ・ミリオネア »