« 16歳の合衆国 | トップページ | Law & Order 性犯罪特捜班 »

2011年5月20日 (金)

メンタリスト

シーズン2が始まりました。
去年新規で見始めた中では、ダントツ一位で気に入っているドラマです。最初は、あまりに前評判が高かったので、期待しすぎてがっかりするのではと疑ってかかりながら見始めたのですが、一話完結の犯罪捜査ドラマが好きな私はすっかり気にいりました。

主人公のパトリック・ジェーンは、昔サイキックとして儲けていましたが、霊能者でも何でもなく、優れた観察眼によりわずかな体の動きや話しぶりなどから真実を見抜くため(ちょっと「ライ・トゥー・ミー」に似てる)、特殊能力があると思われているだけのこと。今は、その能力を活かして、犯罪捜査に協力しています。
捜査コンサルタントですが、警察ではないし、お気楽に行動するところなんかは、「キャッスル」にも似てます。つまり、あちこちのドラマで見られる面白い要素を一度に詰め込んじゃったみたいなところがあり、だけどきちんと統制が取れていて、これでつまらないわけないですよね。

そんなジェーンがサイキック時代に殺人鬼レッド・ジョンの恨みを買い、妻子を殺されたことから、彼を追う設定がドラマ全編を通すサブストーリーとして加わっています。シーズン1のラスト・エピソード他、時折その話が出てきますが、基本は毎回起こる犯罪の捜査です。
私は、リグスビーとヴァンペルトの関係も気になっています。同じチームで付き合うのは難しいけれど、私としてはうまくいってほしいなぁと思っています。

彼らの所属するCBIはカリフォルニア州の捜査機関で、私は、犯罪捜査は各市警か、でなければFBIになるのだと思っていたので、この機関の存在は知りませんでした。他のドラマで名前が出てきた覚えもないし。でも、どうやら、要請を受けて手伝うだけの立場が主なようで、だから今まで特にドラマとしては取り上げられてなかったんですね。

ジェーンを演じるサイモン・ベイカーは、「プラダを着た悪魔」でしか記憶がないんですが、いくつも映画に出ているようですし、「堕ちた弁護士ニック・フォーリン」も彼だったんですね。見てみたいんですけれど、DVDになってないのかなぁ。
そうそう、上司役で「24」のローガン大統領グレゴリー・イッツェンも出ています。

« 16歳の合衆国 | トップページ | Law & Order 性犯罪特捜班 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/51738486

この記事へのトラックバック一覧です: メンタリスト:

« 16歳の合衆国 | トップページ | Law & Order 性犯罪特捜班 »