« ブラッド・ダイヤモンド | トップページ | ブラック・スワン »

2011年5月31日 (火)

Law & Order クリミナル・インテント

同じドラマについて再度言及する(前掲「犯罪心理捜査班」参照)のは初めてですが、どうしても書きたくなりました。
シーズン5の2話目を見たところです。

いきなりローガンと新しい相棒が、何の説明もなく、普通に捜査を始めてることにびっくり! 私は、本国のサイトで、第5シーズンからは、ゴーレン&エイムズ・コンビとローガン&バレク・コンビが、交互でエピソードに登場する(ボスと検事補は共通)と知っていましたが、それでももう少し導入部があると思っていました。

前回のエピソードで、ローガンは異動になってきたと紹介されてたけど、柱の脇の変な席で、ボスが目の届くようにって言ってたのに、すっかり普通の席に座ってるし、バレクに至っては、何の紹介もなくいきなり降ってわいた感じ。それってあまりにも不親切じゃありませんか?

私はゴーレンの冷静沈着で博識なところが好きなのですが、ローガンは正反対で、怒りと本能に任せてるように見えます。でも、犯罪者を見抜く目はあるらしいので、ゴーレンとは別の形で活躍することを期待しましょう。バレクの方はというと、こちらもエイムズと違い、突っ走るローガンをコントロールする役回りのようです。
いずれにしても、視聴率が頭打ちになり、目新しさを狙って別のキャラを投入したのでしょうから、その狙いが成功することを祈ります。

でも、そう考えると、「性犯罪特捜班」って、初期にちょっと代わった以外は、ずっと同じメンバーで続いているので(検事は代わったけど)、すごいですよね。さすが、このシリーズのトップを行くだけのことはありますね。

« ブラッド・ダイヤモンド | トップページ | ブラック・スワン »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/51813723

この記事へのトラックバック一覧です: Law & Order クリミナル・インテント:

« ブラッド・ダイヤモンド | トップページ | ブラック・スワン »