2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« ハーヴェイ・ミルク | トップページ | ブルーバレンタイン »

2011年4月27日 (水)

アメリカン・アイドル

この番組のコメントを書くのは決勝戦まで終わってからにしようと思っていたのですが、応援しているステファノがいるうちにと思って、書くことにしました。それに今回は、「映画音楽」という、まさに私向きのテーマだったし。

ステファノを応援しているのは、顔が可愛いから(!)で、音楽的に好きというわけではありません。Top13で落ちかけたほどの人なのに、今まで頑張って残っているのも不思議な気がしますcoldsweats01。でも、私はブルーノ・マーズが結構好きなのですが、ステファノはなんとなく似た雰囲気のところがあり、彼がJust The Way You Areを歌った時には、なかなかいけてると思いました。今回のテーマで彼が歌ったのは、「ブーメラン」で使われたBoys II Menの曲。映画を見たのはずいぶん前で、曲もまったく記憶にありませんでしたが、結構よかったと思うのは私の欲目なのでしょうね(ワースト3になっちゃったし)。

音楽的に一番好みなのは、ジェームズです。前にBon JoviのI'll Be There For Youも歌ってたし、ビートルズのWhile My Guitar Gently Weepsも私の好きな曲。そして今回は、「アメ・アイでへヴィメタやっちゃいますかぁ?」と驚きましたが、迫力のパフォーマンスで、私の感性にドンピシャでした。彼は、持病のためにいろいろ苦労したみたいなので、最後まで残ってほしいですね。

私のアメ・アイ歴は短く、シーズン5を見たのが最初で、でも途中を見てしまったので事情がよくわかってなくてあまり面白いとも思えず、シーズン6も一回見ただけ。そしてシーズン7より地方オーディションから見始めたら、しっかりハマりました。やはり最初から見ると違いますね。

そして、アメ・アイのおかげで、私はロック好きということを認識しました。前に書いた通り(「ボン・ジョヴィ」及び「スティング」参照)、私の音楽は映画から始まっているので、好みのジャンルとかを意識したことはなかったのですが、確かに振り返ってみると、ビートルズに始まり、オアシスとかに傾倒していたし(単にUK好き?)、自分で意識していなかっただけなんですけれどね。シーズン7ではディヴィッド・クックに入れ込み、シーズン8ではアダム・ランバートに入れ込み、その頃は日本の放送前に本国のサイトでチェックしてしまったりしたのですが(インタビューだのビデオだのがたくさんアップされているので)、シーズン9以降は日本の放送だけを見ています。

審査員のサイモンも抜けて、どうなることかと思っていたシーズン10ですが、才能ある人がたくさん参加して、充実したシーズンになりましたね。審査員として新規参加のJ.Loとスティーブン・タイラーもいいし。この勢いでいつまで続くのか気になります。

« ハーヴェイ・ミルク | トップページ | ブルーバレンタイン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/51532556

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカン・アイドル:

« ハーヴェイ・ミルク | トップページ | ブルーバレンタイン »