« ザ・ユニット | トップページ | ゼロ時間の謎 & 奥さまは名探偵 »

2011年3月20日 (日)

デアデビル & エレクトラ

2本セットで見ました。好きなジャンルではないのですが、私は映画そのものが好きなので、基本的にいろんなタイプの映画を見るようにしています。でも、これは意外と面白くて、私は実はコミックヒーローが好きなのではと思ってしまいました。

「デアデビル」は、子供の頃に弱視になってしまった主人公(ベン・アフレック)が、代わりに他の感覚が超人的になり、結果、悪を成敗する正義のヒーローになったというもので、小道具を使わず、自分の体一つで戦う彼は、正統派ヒーローという感じでした。
ストーリー自体はよくある勧善懲悪ですが、アメコミ好きなら、かえってそれが当然の流れであり、爽快なのかもしれません。

コリン・ファレルとマイケル・クラーク・ダンカンが悪役で、どうも私はこの手の映画では、悪役に惹かれる傾向があるのですが、ここでも、コリン・ファレルのいっちゃった感がグッド! 彼は主役より悪役向きかも?なんて思ったりして。


「エレクトラ」は、「デアデビル」のスピンオフで、前作で死んじゃったはずのエレクトラがよみがえり、悪と戦うというストーリーです。いろんな出来事の末に、良心を失って暗殺者となった彼女が、標的の親子と出会って良心を取り戻し、親子を守って戦います。

「デアデビル」でも思ったのですが、ジェニファー・ガーナーは、とてもアクション向き。ドラマ「エイリアス」で培ったと思われる身体能力を駆使して、かっこよく戦っていました。日本語を話すシーンもあるけど、「エイリアス」より上達していたしbleah
エレクトラが守る親子の、父親の方は、「ER」のルカ・コバッチュ役でおなじみ、ゴラン・ヴィシュニック。また、エレクトラの師匠役のテレンス・スタンプが渋くてとてもクールでした。

« ザ・ユニット | トップページ | ゼロ時間の謎 & 奥さまは名探偵 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/51171425

この記事へのトラックバック一覧です: デアデビル & エレクトラ:

« ザ・ユニット | トップページ | ゼロ時間の謎 & 奥さまは名探偵 »