« 幸せの1ページ | トップページ | 午前十時の映画祭 »

2011年2月 6日 (日)

ブラザーズ&シスターズ

前に私は1話完結が好きだと言いましたが、続き物で唯一見ることができるのが、「ホームドラマ」のくくりだと思います。
残念ながら、このカテゴリーに入るドラマがたくさん放映されていません。過去には「エバーウッド」や「シックス・フィート・アンダー」が大好きでしたが、現在見ている数少ないこのカテゴリーの一つがこのドラマです。

サリー・フィールド演じるノラを中心に、兄1人、娘2人、息子3人、そのパートナーや孫や、夫の元愛人、夫の隠し子など、大家族の上に、いろんなトラブル噴出で、おおよそ現実味のない展開が多いのにもかかわらず、なぜかリアリスティックで、家族に対する過剰なまでの愛情を持つ彼らから目が離せません。

今シーズンで私が1番注目したのは、長女サラとフランス男の恋愛です。私は、ウォーカー家の中では、サラが自分に近い気がするし、フランスにいたこともあるので(残念ながらフランス男との恋愛はありませんが)、サラには幸せになってほしいです。でもそこはウォーカー家。そう簡単にはいかないんでしょうけれどね。

« 幸せの1ページ | トップページ | 午前十時の映画祭 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/50793797

この記事へのトラックバック一覧です: ブラザーズ&シスターズ:

« 幸せの1ページ | トップページ | 午前十時の映画祭 »