2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« NUMBERS | トップページ | チャック »

2011年1月30日 (日)

善き人のためのソナタ

まず、1984年という時代にまだ監視や拷問の様な取り調べが行われていたことに驚きました。あと数年でベルリンの壁崩壊という時期であれば、国内も徐々に変革してる頃だと勝手に想像していたのです。
私がフランスにいた時に、東西ドイツ統一が決まり(1990年3月)、ホームステイ先のマダムから教えられ、フランス語だったので何のことかわからず、後から理解したのを思い出しました。あのほんの数年前まで、こんな社会・政府だったんですね。私はのんきに学生生活を送っていたというのに。

邦題の根拠となっている「善き人のためのソナタ」は、主人公が監視している劇作家が、友人の訃報を聞いて、彼からもらった楽譜を演奏し、それを盗聴していた主人公が感銘を受けたというその逸話の曲名から来ています。
原題Das Leben der Anderenは違う意味(ドイツ語は分からないけれど、どうやら英題The Lives of Othersと同じ「他の人たちの生活」ということらしい)なのですが、この邦題のほうがずっといいと思います。

主人公を演じた俳優は直後に亡くなったというので、公開当時に話題になっていましたね。米・英・仏の映画だと、俳優の知識がありすぎて、時にそれが妨げになったりするのですが、知らないとストーリーに入りこめていいと思いました。これは、先日も「ソーシャル・ネットワーク」を見て思ったことですが。でも、劇作家役の人は「ブラック・ブック」、その恋人役は「マーサの恋愛レシピ」に出ていた人なんですけれどね。やはり、ハリウッド・スターになると、そのイメージがつきすぎて良し悪しということなのでしょうか。

« NUMBERS | トップページ | チャック »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/50731778

この記事へのトラックバック一覧です: 善き人のためのソナタ:

« NUMBERS | トップページ | チャック »