« はじまりは… | トップページ | スティングのライブ »

2011年1月18日 (火)

ソーシャル・ネットワーク

記念すべきコメント第1弾の映画は、ブログ開始のきっかけとなった「ソーシャル・ネットワーク」です。予告を見て気になっていたのだけれど、ゴールデン・グローブを取ったというので、急に思い立って見に行きました。
Facebook
を立ち上げた億万長者と自分を比較してブログを始めるなんてまったく恐れ多いのですが(彼のブログは、結局多くの人に読まれることとなったわけだし)、親近感を持てる設定になっていたってことですよね(?)。

私が感じたのは、主人公はただ賢くてパソコンが得意だっただけなのに、社会性とビジネスセンスが欠けていたために、利用されたり誤解されたりして、訴えられるという悲しい結果になってしまったんだなあということでした。ボート部の双子の兄弟や親友のエドゥアルドとも、もっと違った対応ができていれば、訴訟という形に発展はしなかったのでしょう。
マークの早口には賛否両論あるようですが、私は賛成派。頭の回転が速く、でも相手のことを深く考えずに発言してる彼の特徴がよく現れていたと思います。

俳優が有名どころでなかったことも、ストーリーに入りこめてよかったと思います。ジャスティン・ティンバーレイクはいたけど、俳優じゃないし。主役の人は「イカとクジラ」に出てたのよね? 機会があったら、もう一度見てみます。エドゥアルド役の人も、いくつかの映画で見てるはずなのですが、まったく記憶になし。
逆にスタッフ側は名の通った人たちばかり。監督のデヴィッド・フィンチャー(「セブン」や「ベンジャミン・バトン」)をはじめ、製作総指揮にはケヴィン・スペイシーだし、脚本はアーロン・ソーキン。


そういえばCSIのウォレス・ランガムがちょっと出ていましたね! こういうちょっとした発見がうれしかったりします。

« はじまりは… | トップページ | スティングのライブ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/50624035

この記事へのトラックバック一覧です: ソーシャル・ネットワーク:

« はじまりは… | トップページ | スティングのライブ »